東日本大震災後-野次馬と言うなかれ、その1

09 /21 2015
この連休、かねてより気になっていた福島の原発被害地域。

かって営業で訪問していた地域。

そして、常磐高速が全通、国道6号も制限付きで通過可能になりました。

ここは、国道6号の道の駅-なぜか警察の仮庁舎。







地震と原発事故で避難、庁舎が使えない。

街中はどうでしょう。わき道には進入できません。各家の入口はわき道同様にゲートで閉鎖されてます。





やらやれ、帰還困難区域てことですか。

さらに相馬市の新地。

津波で駅が壊滅、列車が脱線していたところ。

まだ鉄路は復活してません。なんでか、理由がわかりました。





鉄路を高架に作りかえているようです。




今回の震災で私も少々の被害にあいました。

へんな言い訳ですが東北に少しながら、旅行者としてお金をおとしてきます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

まいどです。時は流れる・・・されど思いは留まる。忘れる訳にはいかない、されどいつまでも立ち止まってもいられない。無理矢理にでも顔を上げ前を向き歩き出さないと、時を止められた人たちの分も前に押し出さないと、絶対的な力、自然が鬼なら、勝てないかもしれない、でも、負け無い戦いはできる、智恵と勇気と経験があるなら。

No title

完全に今でも封鎖されているのですね。
やはり原発は、必要ないと思うがそれに変わる物が有っても
国の体制が根本的に変わらないと実現しない感じですよね。

ところで...ブラV...でしたっけ?
やはりクロカン車は、このデザインが落ち着きます。

No title

> 雪風さん
それなりの時間が過ぎているのに、まだまだです。

No title

> どらやきパパさん
衣料品店、ホームせんたーも商品が残されたまま。30年ほどかけて廃炉というけど?

ブラVです。5ケツの150ピッチなんでこれしか選択肢がない。最近はあるようですけど。
泥落としが簡単なデザイン。力つよいスポーク。

プラド王子

FC2ブログへようこそ!
ラダーフレームの車に乗る年寄り。