武士道

読みつぶし
11 /01 2007

1-武士道
2-新渡戸稲造
3-三笠書房、495円

キリスト教である著者が日本人の道徳、行動の基準を極めようと多方面よリ考察・
武士そのものが時代の流でどれほどの比重を占めていたのか、かれらが統治者として
手本となりその精神が広まる、かたや時代が下ると商人の天下、ここから精神が継承されなくなる・
でも日本人の根幹は恥、名誉、家柄―祖先、自分達の矜持で生きている。
これが武士道、私はそう思う。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プラド王子

FC2ブログへようこそ!
ラダーフレームの車に乗る年寄り。