正月の風物詩

その日暮らし
01 /04 2011
箱根駅伝は正月の風物詩として定着。

これが終わると仕事が始まる。

嫁の実家は鶴見ですから、1区と2区の中継所があります。

1月2日に、私の実家から移動しながら、立ち寄ってみました。

夜ですから、誰もいません。

こんな記念碑みたいなのがあるんですね。




明日へ走る

銘板には鶴見区制記念としてあります。




私も中学生のころ、中学校の駅伝大会に出走してましたので、駅伝ファンです。

記録は3000mを10分18秒程度ですから、とても早いとは言えません。

近頃の中学生選手は、9分台で走るようです。

優勝校が決まると、仕事が始まるスタ-トラインにつかないといけません。

1年が始まります。長丁場のレースが始まり、始まり。

ガンバンべ--^^^。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

NHKラジオで箱根駅伝を聞きながら仕事をするのが毎年の事。
いつも思うのですが雪や凍っても開催されるのでしょうか?

プラドおじさんってランナーでしたか。
私は、高校生からエンジン無しで走れない体に。(^_^;)

今年もよろしくお願いします。

No title

歩くことから始まり、自転車の楽しさを知り、原付でエンジンの素晴らしさを実感し、自動車に乗りエアコンの快適さを知ってしまった私はもう自転車にすら戻れませぬ(笑)。

No title

パパさん。

関西方面の人も正月は箱根駅伝なんですね。選手の出身高校は全国ですものね。

過去の記録ですと雪の中を走るシ-ンがありましたね。
今回で87年。

成人してから、アルコ-ル燃料の内燃機関飲みですね。

No title

GPWさん。

人は進化するものです。文明の利器は使わなくてはいけません。

No title

箱根駅伝は訳もわからず見てしまいます・・・力が入りますよね。
マラソンと違って人が変わるから体調の良し悪しですぐに順位が変わる、
だから楽しめる・・・無責任ですね。

No title

もりたさん。

箱根駅伝の面白さは距離の長いところですかね。
不満は、TV中継車が先頭ばかり映す。じつは後方でつばぜり合い。
それが見たいのに、結果だけ見せられる。

プラド王子

FC2ブログへようこそ!
ラダーフレームの車に乗る年寄り。