098 茨城百景 岩井のハイキングコース

茨城百景
11 /12 2020
八坂神宮1

茨城百景 岩井のハイキングコース

こちらの石碑は岩井市八坂総合公園近くの八坂神社の境内
百景の名称はハイキングコースですけどかなりの広範囲です。
八坂神宮2

包含風景
 1 平将門の遺蹟
 2 島の薬剤
 3 馬洗
 4 国王神社
 5 七郷釣場
 6 弓馬田城跡
 7 ポックリ不動
 8 中山茶顛の遺蹟

1 平将門の遺蹟
 たくさんありますのでどれを選ぶのか。代表的な所を回る。

 将門の胴塚  神田山 延命院
神田山将門堂塚

延命院神田山

延命院胴塚

 一言神社
   国王神社を上の宮と呼ぶのに対し、こちらを下の宮と呼び、平将門を氏神としてまつる。そして両神社の間に将門の居城が    あったとされる。
一言神社

 石井の井戸
   将門が愛飲したとされる清水の井戸
 石井の井戸1
石井の井戸2

 九重の桜
  京都から移した桜
九重桜3
九重桜2
九重桜1

2 島の薬剤
 官報には「薬剤」となっているが、「薬師」の間違いであろう。
  医王山延命寺
  将門の守り本尊。周囲を池に囲まれているから、「島」の薬師?島の薬師

島の薬師1

島の薬師2

3 馬洗
馬洗

 軍馬調教の後、馬を洗った場所。

4 国王神社
  将門の三女 如蔵尼が父の将門を祀った。ご神体は如蔵尼が刻んだ将門像と言われてる。

国王神社1

国王神社2

5 七郷釣場
  鈴木氏の昭和31年「茨城百景めぐり」によると「大利根沿岸で浅間沼の附近一帯」が釣場とある。

浅間沼 岩井
鈴木氏がたずねた昭和31年には千葉県野田市にわたる「芽吹橋」が開通していない。開通は昭和33年。
昭和20年代バス路線が存在し、渡し船でバスをそのまま、舟にのせていたが、昭和26年に転落事故があり、バスの渡しはやめ乗客のみが渡し船に乗り込むように変更。
なお、沼の所在はグリーンランドという分譲地の奥で昭和46年に開発された。その当時はバス停名称も浅間沼だったらしい。
明治の地図を見るとグりーンランドのすべては沼と湿地であった。浅間沼を埋め立てたものが分譲地に。
岩井

6 弓馬田城址 弓田城址
  地図で探すと「弓馬田」の表記があるのは「弓馬田小学校」
  由来は、明治22年、弓田村、馬立村,幸田村が合併してうまれた地名らしい。それゆえにこの弓馬田城址は弓田城址らしい。
 読み方は「ユタ城」
 現在はゴルフ場。旧新東京ゴルフクラブ,現坂東ゴルフクラブです。弓馬城場1
ゴルフ坂東
ここまで来たからには聞てみよう。

フロントで。

「ゴルフ場内にお城の跡があると地図にあるけど、なにか記念碑のような物はないか?」
年寄りが何やら、変なことを聞いてきた。
「詳しいものに確認してきます。」

丁寧にありがとう。
「コースの12番ホールと13ホールにかけて、お堀の跡があります。」

「見ることはできないですよね。」

飛んでもないことを言い出す年寄。
「お客様のプレーに障害となりますから、プレーヤー以外はご遠慮いただきます。」

そりそうだ。

7 ポックリ不動 弓田不動尊
 明王山慈光寺
 お詣りすると、自然な形でポックリと人生を終われる。

ぽっくり1

ぽっくり2

ぽっくり3

包含風景の碑
ぽっくり4

8 中山茶顛
この地で茶の製法を拡めた中山元成、号名 茶顛の顕彰碑。
国道354号に面して、くるまを止める所もない、写真を撮るにも注意が必要。
中山茶顛1

中山茶顛2
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プラド王子

FC2ブログへようこそ!
ラダーフレームの車に乗る年寄り。