日立鉱山 日立大煙突の包含風景

茨城百景包含風景探索
08 /19 2023
大煙突展示解説

茨城百景 常陸の大煙突の包含風景にしていされている日立鉱山

これはもう日鉱記念館に行くのが間違いない。

鉱山は昭和56年に閉山。
昭和60年に日鉱記念館が開館。敷地は元鉱山の跡地。

記念会館の入り口駐車場前には坑口があります。
栄斜坑。
栄斜坑

坑道断面

最深部は950m。
竪坑

竪航

竪坑解説

館内には鉱山の歴史の解説展示。
大煙突のある所は精錬所敷地こことは離れている。

館内展示


展示品には発破装置
館内展示2
スポンサーサイト



浪逆浦(なさかうら)

茨城百景包含風景探索
08 /16 2023
tennbou台
茨城百景 水郷潮来の包含風景
浪逆浦

外浪逆浦

昔は外浪逆浦と内浪逆浦と存在したようです。
内浪逆浦は昭和16年から25年に干拓されてしまったようです。

現在の潮来市日の出1丁目から8丁目あたりらしい。
東日本大震災では液状化現象で地盤が凸凸になった。

景観の楽しめる浪逆浦を探すとここかな。
なさか夕日の郷公園
なさか公園

ちいさな公園ですが展望台があります。

tennbou台

展望台からの景色

nasakaura.jpg

大洗 茨城百景包含風景

茨城百景包含風景探索
07 /24 2023
鏡塚古墳より
茨城百景「大洗と磯浜海水浴場」の包含風景の内、未訪問の所を訪ねる

1 子の日が原
2 山村慕鳥の詩碑
3 常陽明治記念館
4 岩舟山願入寺
5 岩舟の夕照
6 鏡塚車塚の古墳

1 子の日が原
 日の子が原
日がの原

徳川斉昭がここの風景を愛でて和歌を詠むほど素晴らしい景観であったそうです。
石碑は海岸近くにあったが風砂の害を除けるため現在の場所に移設。

移設した後になにがあった。
道路の三角アイランドだよ。
道路拡張なり新設なりでこうなったの?

2 山村慕鳥の詩碑
山村慕鳥
茨城県内にはここのほかにも山村慕鳥の碑があるけど、百景選定時に設置されていたものはここの石碑。
昭和2年設置

慕鳥石碑

こちらは背面です。

正面の画像ありません。
道路から見えるのはこの面。
正面もモジが薄れて読めない

石碑の文言は次のような詩。

石碑の詩

造り直すわけにもいかんでしょうけど、ただの石の板のようです。

3 常陽明治記念館
 常陽明治記念館

私が大昔に見た建物と違うと思ったら建て替えて名称も変更になっている。
敷地は大洗いキャンプ場。
その昔は予約なし先着順のフリーキャンプ場でしたが、いまは綺麗に整備されてる。

4 岩舟山願入寺
 なかなか、古い寺らしい。
願入寺4

願入寺

願入寺3

願入寺2

如信上人が祀られている。
大子町に如信上人終焉の地がある。

5 岩舟の夕照

岩舟夕照2

願入寺から600mほど、亀の井ホテルの前を道なりに進む。
岩舟夕照

水戸八景に選定されているのですね。
徳川斉昭さん相当な健脚、藩内いたるところに足跡。

岩舟夕照3

夕照というには時間違い、正に昼12時。

6 鏡塚車塚の古墳
 現在の呼び方「礒浜古墳群」と総称されているようです。
磯浜古墳

鏡塚(常陸鏡塚古墳)は日下ケ塚古墳というのか。
古墳の案内にたどり着いて駐車場案内に気ずいた。
永町通りに駐車場があるのか。

Googleで目的地を検索したのでえらいことに。

狭い行き止まり

徒歩のみ

途中の倉庫らしき空き地を拝借して歩く。

鏡塚古墳にある案内板。
磯浜古墳

鏡塚古墳より
古墳からの景色
海からの風が涼しい。
ここからさらに古墳を訪ねて歩く

くるま不可

激セマ!
駐車場を発見。
礒浜駐車場

こっそり無断借用の空き地に置いたままの車を移動。
磯浜駐車場2

3台しかスぺースがありません。
道は狭い。
軽自動車巾しかない。
正規の駐車場を確保したのでゆっくりと探索できます。

激セマ

車塚
車坂古墳

扉があるけど入場可能

車坂古墳入り口

頂上のオヤシロ?
車坂古墳やしろ

気温30cを越えるような日でしたけど海風に助けられて包含風景を達成。

車で出かける人は永町駐車場の利用がサイズにかかわらず最適。
磯浜古墳駐車場は軽自動車のみ進入可能と考えた方が良い。
歩くの覚悟する必要あり。

竜神峡 亀ヶ淵 百景竜神峡と安寺持方

茨城百景包含風景探索
06 /10 2023
百景石碑竜神

百景竜神峡と安寺持方の包含風景を訪ねる

龍井城址
亀が淵鉱泉
亀が淵

石碑は訪問完了していましたが、包含風景が取りこぼしになっておりましたので再訪。

1 龍井城址
 登り道は民有地

吊り橋の基礎がある山。
ダム事務所の先にある登り坂は民有地につき立ち入り禁止となっております。
ダムに来る道の途中に階段が見えるところがあります。
これは何?上に上がれるのか?
不明です。

2 亀が淵鉱泉
 亀が淵の手前に元湯の記載がる昭文社の地図。
 詳細が不明なのですが。ダム提から亀が淵に至る林道には元湯橋がありました。

元湯はし
 この元湯橋は昭和55年3月の竣工

3 亀が淵

ダム提の事務所脇から約1時間と少し
亀が淵に到着。
亀が淵

淵の解説

これで百景包含風景は達成できたのですが、ここを訪ねて人が少ないのに驚き。
出会った人は9人。

観光でくる人は吊り橋に。
バンジー。

ダム提には駐車場があります。

コース案内


ダム事務所付近

バンジージャンプ

ここから歩き始めるとゲート

ゲート

有料吊り橋には戻れないように止められます。
ダム提から歩くと亀が淵まで約4km。
くるまで近くまで行き最短コースを選ぶとこれ。

車で最短、急

ふるさと村から階段利用。


「急」と書いてある。見ればわかるといいたくなる。

舗装道路も淵で終点。しかしハイキングコースはまだ奥に。
淵の上の様子。
淵の上

淵のコース

コースの案内。
道が川で途切れてる


どうやら川の向こうの白い手すりがコースらしい。
白い手すりがコース、川渉る

昨日の雨水量が多い?

突然に対岸に人があらわれた。

私と家内はここで引き返す。
百景探索の軟弱者が分け入る道ではないようだ。
ダム提から亀が淵までの道のりは平たんな舗装道路です。

帰りの道で鳥の羽根を見つけた。

竜神峡で拾った羽

猛禽類のはねのようだ。
つぎはどこの取りこぼし包含風景を訪ねようか。

花園山と浄蓮寺の包含風景

茨城百景包含風景探索
04 /14 2023
茨城百景花園山と浄蓮寺の包含風景の不明点。

大岩山
亀ケ城

北茨城市観光協会に訪ねてみた。

観光協会

何の資料もない。
あのエリアで思いつくのは下記の3点。
私的に、猿ケ城、亀谷地湿原、和尚山ではないかと勝手に判断しておりました。
Oケ城
亀OO
近くの山で標高がある
思いつく限りのこじつけ。

観光協会に資料がない、となれば、あとは茨城新聞に問い合わせるしか方法がないのかな。
県と茨城新聞で選定投票作業をしているのだから。

男体山百景の包含風景

茨城百景包含風景探索
04 /03 2023
弘法堂トイレ
未訪問になっていた「男体山と湯沢温泉」の包含風景。

福島県鮫川村、棚倉町の桜を訪ねた帰り道、袋田の滝方面から奥久慈パノラマラインに進入。
カフェ遊森歩で休憩、なんでこんな山の中に。

男体山の石碑は反対側の持方集落より攻略済。西金地区にある包含風景を訪ねる。
未訪問の指定されている包含風景
1 長福山
2 長福百観音
3 古分屋敷
4 千貫山
5 判官塚
6 弘法塚
7 湯沢渓流  

1 長福山
古分屋敷案内
随分と小さい青い表示で長福山とある。

2 長福百観音
長福観音案内
こちらの観音堂は長福山の中腹にある。
なんだか民家の裏のような細道を行く。
長福山入り口

しばらくすると出てきたのがこの階段。
長福観音階段290段

先が見えません。
踏み巾が狭いので帰りは非常に難儀しました。

数えながら降りたところ291段を数える。
長福観世音堂に到着。
長福漢音堂
長福山はこれでヨシとしましょう。

3 古分屋敷
これは建物ではなく、地区の名称。パノラマラインには古分屋敷橋がある。
古分屋敷案内

古分屋敷
こちらが古分屋敷

長福トイレ駐車場
男体山長福山への駐車場 長福トイレの脇

4 千貫山
鈴木彰氏の「茨城百景めぐり」によるとこの千貫山のある所は湯沢温泉の向かいであるようだ。
更に別の資料「奥久慈膝くりげ」にはいわき判官が千貫で買いとった山とある。
よくわからんです。
千貫山?

巡り

5 判官塚
湯沢温泉の脇にある石碑。不明。
いわき判官に係るものであるあるらしい。
しかしながら当地の温泉旅館は2軒ともに廃業、廃墟となっている。温泉ホテル、湯本屋旅館。
温泉ホテル址
判官塚

6 弘法塚
これは「弘法堂」の事であろう。ここも車でその前まで行ける。

弘法堂

裏に回ると山の名前を案内する俯瞰図が地元の人により製作されている。大町桂月の歌碑もある。
弘法堂裏にある

7 湯沢渓流
これも範囲が広いので特定せず。
ゆざわ峡

この案内板に従えば湯沢源流ハイキングコースが湯沢渓谷なのでしょう。
湯沢案内

桃浦 茨城百景包含風景桃浦遊園地

茨城百景包含風景探索
03 /31 2023
DSC_1867 64百景碑桃浦

百景の石碑巡りを100達成したけど、なぜ?が残る事項を探索。
「桃浦」の包含風景である桃浦遊園地

連想される遊園地はディズニーランドのようなものを連想するのですが、公園等のひろば、観光地も百景のなかで遊園地と一括りにされているようです。

その観点から探してみると石碑近くに「沖洲の遊園地」と記載されているものがGoogleマップに出てくる。
訪ねてみればブランコ、ジャングルジム、滑り台がある児童公園。

なんでこんなところにと思う。
桃浦が百景に選ばれた経緯を考えないと謎が解けない。
百景の選定は1950年(昭和25)です。
そこからさかのぼる1926年(大正5年)に鹿島参宮鉄道桃浦駅は開設される。
この駅前は霞ケ浦の遠浅の湖岸で湖水浴場ができた。関東一円から人を集めたようである。
昭和6年に歌人の与謝野晶子も旅行で訪れている。
鹿島参宮鉄道とは鹿島神宮の参拝を目的に開設を企画したらしいが到達せず。鹿島鉄道と名を変え百里基地への燃料輸を担うも鉄道からトラックに。
鹿島鉄道は2007年には廃線。

昭和30年代前半には桃浦観光協会が発足し井戸を開鑿してコンクリトプールを造成運営、貸しボート、出店の設営もおこなわれていた。
しかしながら、湖水の汚染により昭和40年前半には湖水浴場がなくなりました。

このような経過で石碑がある広場、公園が出来上がった。
むかしの栄華をしのばせる記念碑?

包含風景 男体山と湯沢温泉の事前調査

茨城百景包含風景探索
12 /13 2022
長福観音

百景男体山の包含風景の攻略法を研究しておきましょう。


長福百観音
弘法塚
古分屋敷
千貫山
判官塚
湯沢渓流

山登りですね。

長福山2

男体山こーす

通行止め

上記の区間は通行止めで開通の見通しはないらしい。

これは攻略するには2回チャレンジになりそう。
春にでも行こうか、膝の具合次第か?

包含風景 河原子海水浴場と水木浜

茨城百景包含風景探索
11 /02 2022
鮎川河口
 河原子海水浴場と水木浜の包含風景
未訪問となっていたところを訪ねる。
 1 鮎川焼石湯
  これはなかなか苦戦した百景包含風景です。
  まず名称がわからない。
  温泉かと思いきや、そうでもない様で。
  焼けた石を海水に投げ込み、余熱で体を温め療養する民間療法らしい。
  国道245号鮎見橋のそばにあったらしい。日立市東成沢1丁目。
鮎見橋美

島木赤彦歌碑

鮎川浜石焼の湯


隣の石碑は歌人 島木赤彦の歌を刻んだもの。
2 鮎川渓
何処を指して鮎川渓というのか不明。
この後、鮎川をさかのぼるように包含風景を訪ねる。

3 諏訪の梅林と水穴風穴

諏訪梅林

市街から山の方へ向かう、梅林の先を高速道をくぐりみえたのが水穴
諏訪の水穴

>
水穴案内

諏訪の水穴2

水穴案内板

天然記念物なのですか!諏訪の水穴。
余りに小さい。

標語にあるようにこのへんが鮎川渓谷なのか?

次に行きましょう。
 
  風穴
地図やらGoogleによると大久保の風穴と言われる処らしい。

大久保中学校の所を山の方に入る。
どんどん細い道をやがて未舗装。林道で2か所ほど分岐があるけどいずれも左。

狭いです。

ここまで来てしまうと、行き過ぎ。
大久保風穴へ

ここで10回ほど切り替えして戻ります。
前方は河、後方は山。
落ちて帰れないと困るので、樹の枝があろうが崖の岩が当たろうがバック。
そのために我が車のバンパーは鉄骨の自作品。
もどれました
切り返し終了

山の斜面にぽっかりと見える、そのようにある方の報告をネットで見た。
見えるかい、草だらけ。

それらしいのを歩いて発見。

斜面に穴?

グーグルさんは目的地は左方向と言ったきり、終了です。
風穴

なにやら白い標柱のようなものがあるけど、分かりません。

わかったのはこのミラーのある、風穴の前の所がUターンのベストポジショショ
風穴手前


踏み分け道ができているけど、その趣味の人が訪ねて来るのでしょうね。
洞窟探検、ケービング。
ネットで見る限り、一般人の報告は出てこない。

百景石碑移設の後編 竜神峡

茨城百景包含風景探索
08 /01 2022
観光課回答

竜神峡移設の件
8,8月1日付、常陸太田市商工観光部 観光振興課観光振興係より詳しい情報が回答されました。

令和3年3月に移設。県道33号線の拡幅工事に伴い移設しております。

移設場所 常陸太田市下高倉2153-39(竜神カフェ横)

場所と百景石碑の写真付きです。

プラド王子

FC2ブログへようこそ!
ラダーフレームの車に乗る年寄り。